トップ > 組織・電話番号 > 企画部-広報課 > 企業版ふるさと納税で太田市を応援しませんか?

企業版ふるさと納税で太田市を応援しませんか?

太田市が取り組む地方創生プロジェクトの一つである「リブランディングによるものづくりのまち「OTA」プロモーション事業」が、令和1年8月に内閣府から地域再生計画として認定されました。
このことにより、当事業に対して民間企業が寄附した場合、税の優遇措置を受けることができるようになりました。
地域活性化のための本市の取組にご賛同いただける企業の皆様からのご寄附・ご支援をお待ちしております。

企業版ふるさと納税PRチラシPDFファイル(321KB)

寄附対象となる地域再生計画

  • リブランディングによるものづくりのまち「OTA」プロモーション事業
OTA KNIT

 現在の太田市は、輸送機器を軸とした製造業が好調であり、昼間人口が夜間人口の2倍の40万人を超えています。また夜間人口1人当たりの雇用者所得も比較的高い状況にあります。

 さらに「ものづくり」に目を向けると、中島飛行機から枝分かれした自動車産業やニット産業が、まちづくり会社やUターン者の手によってリブランディングされ、新たな価値を生み出しています。

 そこで、これらの特長を生かし、地域資源の付加価値化や地域内での消費の好循環を生み出し、「賑わいを生み出すまち」としてプロモーションを展開することで、「郷土愛の醸成」や「域外からの新たなターゲットの獲得」につなげていきます。

  • 具体的な事業

 初年度は、既存のシティプロモーション事業と並行し「インナープロモーション×地域資源のリブランディング」に取り組みます。次年度以降は、市民が創る太田市のガイドブックやPRショートムービーを活用しながら、域外でのプロモーションを展開する予定です。

(1)市民が創る太田市のガイドブック

WS

 まち歩きや雑誌作りの興味を持った市民ライターが、日常にあるヒト・モノ・コトを切り出し、ガイドブックを製作します。編集はオズマガジン統括編集長の古川氏やプロのデザイナー、カメラマンを講師に迎えたワークショップを通じて市民の手で進めていきます。

事業のねらい:郷土愛の醸成、市民の発信力・口コミの活用、地域資源やまちの魅力のリブランディング(再構築・再定義)

(2)PRショートムービー制作

PR

 太田小学校や新田製パン、春日神社、旧金山図書館、美術館・図書館をロケ地として活用し、歴史と新しさが混じり合う本市らしさをPRします。

監督はヒューストン国際映画祭最高賞などの経歴を持ち、ぐんま国際アカデミーでも教鞭をとる小田浩之氏。

事業のねらい:郷土愛の醸成、映画教育の場の実現

企業版ふるさと納税について

  • 制度の概要

地方創生応援税制の概要(内閣府)

企業版ふるさと納税(内閣府)

 

寄附のメリット

  • 地方創生に貢献する企業として公表・PRできます
  • 地方公共団体との新たなパートナーシップの構築ができます
  • SDGsを通じた企業の価値向上につながります

※寄附の活用状況などは市広報紙、HP、ガイドブックでも公表させていただきます。

 

寄附の流れ

寄附の流れ
  • 制度の留意事項

・一回当たり10万円以上の寄附が対象となります

・寄附を行うことの代償として経済的な利益を受け取ることは禁止されています

・太田市以外に本社(地方税法上の主たる事務所・事業所)が所在する企業のみ対象となります

寄附の申し込み

  1. 寄附金額について、総額が事業費の範囲内か確認をしますので、まずは市広報課までご連絡ください。
  2. 以下の「寄附申出書」をダウンロードし、必要事項をご記入の上、ファックス、メールまたは郵便により、下記「申し込み先」まで提出してください。

   寄附申出書ワードファイル(13KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

 

  • 申し込み先

〒373-8718
群馬県太田市浜町2番35号

太田市役所広報課

電話:0276-47-1812
ファックス:0276-47-1866
E-Mail:005810(a)mx.city.ota.gunma.jp  ※(a)を@に変換してください

見出し、テキスト、リストなどをWYSIWYG内で入力することができます

▲このページの先頭へ