トップ > 組織・電話番号 > 総務部-契約検査課 > お知らせ > 新型コロナウイルス感染症に係る工事現場等での感染予防対策について(R2.5.8更新)

新型コロナウイルス感染症に係る工事現場等での感染予防対策について(R2.5.8更新)

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、工事現場等で次のことに留意し、現場管理を行ってください。

感染拡大の防止について

施工中の工事の現場等において、現場状況などを勘案しつつ、アルコール消毒液の設置や不特定の者が触れる箇所の定期的な消毒、現場でのマスク着用、手洗い・うがいなど、感染予防の対応を徹底するとともに、作業従事者の健康管理に留意してください。

感染者が判明した場合について

コロナウイルス感染症の感染者(感染の疑いのある者を含む。)及び濃厚接触者があることが判明した場合には、速やかに監督員に報告するなど、所要の連絡体制の構築を図るとともに、保健所等の指導に従い、感染者本人や濃厚接触者の自宅待機をはじめ、適切な措置を講じてください。

三密の回避について

建設工事の現場では、元請事業者はじめ、施工に携わるそれぞれの立場で、極力、「三つの密」の回避や影響の軽減がなされることが重要です。特に、建設現場での朝礼・点呼、各種打合せ、着替えや食事休憩、密室・密閉空間における作業などについて、他の作業員と一定の距離を保つことや作業場所の換気の励行など、「三つの密」の回避や影響緩和のための対策を徹底してください。

参考資料:国土交通省HPより 

令和2年5月8日 総務部契約検査課

▲このページの先頭へ