トップ > 組織・電話番号 > 市民生活部-市民課 > 社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)

社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)

    • 平成27年10月5日から、日本に住民票を有するすべての方に、12桁のマイナンバー(個人番号)が1人1つ指定されます。なお、基準日以後に国外転入した方や、出生された方はその届出によってマイナンバーが指定されます。
    • マイナンバーの通知は、原則として住民票に登録されている住所宛てにマイナンバーが記載された「個人番号通知書」を簡易書留で郵送することによって行われます。
    • マイナンバーは生涯使うものです。情報が漏えいして不正に使われるおそれがある場合を除いて、生涯変更されませんので、大切に取り扱ってください。 
    • マイナンバー手続きで使用する場合を除き、自己又は他人のマイナンバーを知ろうとする行為やマイナンバーを教えようとする行為は、法律で禁じられています。

    個人番号カード(マイナンバーカード)

    • 「個人番号カード」はプラスチック製で、「個人番号通知書」又は「通知カード」に記載されている事項に加え、本人の顔写真が表示されたものになります。使用の際は、同梱のフィルムケースに入れた状態で使用してください。
    • 「個人番号カード」は本人確認書類として、成人の方は10回目の誕生日まで、未成年の方は5回目の誕生日まで利用できるほか、公的個人認証(署名用電子証明書・利用者証明用電子証明書)の機能が標準装備されます。(15歳未満の方、成年被後見人の方には、「署名用電子証明書」を付帯させることはできません。)
  • ▲このページの先頭へ