トップ > 組織・電話番号 > 市民生活部-交通対策課 > 鉄道利用促進アクションプログラム

鉄道利用促進アクションプログラム

鉄道利用促進アクションプログラムについて

群馬県では、5つの鉄道事業者により14の鉄道路線が運行されています。

しかしながら、平成27年度から平成28年度にかけて県が実施したパーソントリップ調査の結果、群馬県は自動車依存型の社会であり、鉄道の利用者が非常に少ないこと、また、少子化の影響により、今後の鉄道利用者は大幅に減少する見込みであることがわかり、鉄道の存続が懸念されます。

そこで、県では、「自動車以外の移動手段も選択できる社会」の実現を目指し、平成30年3月に「群馬県まちづくり戦略」を策定しました。この戦略の中では、鉄道路線を基幹公共交通軸として位置づけ、将来にわたって存続、維持するための緊急対策として、今後3年間で順次、14の鉄道路選別に「利用促進アクションプログラム」を策定し、利用促進に取り組むこととしています。

平成30年度は、東武桐生線の藪塚駅が対象となり、アクションプログラムが策定されました。

詳しくは、下記の関連サイトをご覧ください。

関連サイト

群馬県ホームページ鉄道路線緊急対策 鉄道利用促進アクションプログラム(外部サイトに移動します)このリンクは別ウィンドウで開きます

▲このページの先頭へ