トップ > 組織・電話番号 > 健康医療部-長寿あんしん課 > 認知症に関する相談窓口

認知症に関する相談窓口

認知症地域支援推進員

認知症になってもできる限り住み慣れた環境で暮らしつづけることができるように、地域の実状に応じて医療機関、介護サービス事業所や地域の支援機関をつなぐ連携支援、認知症の方やそのご家族への支援・相談業務等を行います。

各圏域の地域包括支援センターに配置されています。相談対応は地域包括支援センターと共同で行います。

認知症地域支援推進員の役割についてPDFファイル

認知症初期集中支援チーム

認知症初期集中支援チームとは、認知症の方やその家族を訪問して、認知症についての困り事や心配事などについて相談に応じる、認知症の専門家によって構成されたチームです。

チームの支援について

チームが認知症の方やその家族を訪問して相談に応じます。必要に応じて、適切な医療サービスや介護サービスを紹介します。概ね6ヶ月の期間、集中的に支援します。

・医療機関への受診勧奨

・生活環境のケア、改善

・介護サービス利用勧奨

・本人、家族への支援

対象となる人は

太田市内に在住する40歳以上で、在宅で生活していて認知症の人または、認知症が疑われる人で以下のいずれかに該当する人

・認知症疾患の臨床診断を受けていない人

・継続的な医療サービスを受けていない人

・適切な介護サービスに結びついていない人

チーム員とは

医師、保健師、作業療法士、社会福祉士などの専門職によって構成されています。

相談について

相談はお住まいの地域を担当している地域包括支援センターが受け付けています。

地域包括支援センター

▲このページの先頭へ