トップ > 組織・電話番号 > 健康医療部-健康づくり課 > お知らせ > 適切な医療機関の受診(上手な医療のかかり方)について

適切な医療機関の受診(上手な医療のかかり方)について

コロナ禍でも医療機関で必要な受診を

  1. 過度な受診控えは健康上のリスクを高めてしまう可能性があります。
  2. コロナ禍でも持病の治療や予防接種・健診等の健康管理は重要です。
  3. 医療機関では感染防止対策が行われています。
  4. 具合が悪いなど健康に不安がある時は、まずはかかりつけ医に相談しましょう。

 

▲このページの先頭へ