トップ > 組織・電話番号 > 健康医療部-健康づくり課 > お知らせ > 骨髄等を提供した方に助成金を交付しています

骨髄等を提供した方に助成金を交付しています

10月は骨髄バンク推進月間です。

一人でも多くの患者さんに移植の機会が確保されるよう、骨髄バンクへのご登録をお願いします。

骨髄バンクとは

骨髄バンクとは、公益財団法人日本骨髄バンクが主体となり、骨髄移植や末梢血幹細胞移植の機会を必要としている血液疾患の患者さんと、患者さんのために提供したいという「ドナー」との橋渡し役を担う組織的な活動のことです。

骨髄バンクの活動は、厚生労働省、日本赤十字社、都道府県、医療機関、ボランティア組織などの多くの関係機関の連携で成り立っています。

骨髄移植の基礎知識

「骨髄」とは

骨髄は硬い骨の内部に存在するスポンジ状の組織です。そこは骨髄液で満たされており、赤血球、白血球、血小板などの血液細胞のもとになる造血幹細胞が含まれています。

骨髄移植とは

病気などの理由によって正常な造血が行われなくなった場合に、患者さんの骨髄を健康な人(ドナー)から提供された骨髄に置きかえて(実際は骨髄液を静脈から注入して)病気を根本的に治そうというのが骨髄移植です。

つまり骨や臓器の移植ではなく、骨髄液の移植のことです。太い神経があるせき髄に針を刺すことはありません。

骨髄バンクでは平成22年10月より末梢血幹細胞移植を導入し、(ドナーと患者さんのご意向を踏まえて)骨髄移植と末梢血幹細胞移植のいずれかを選択できるようになりました。ただし、当面はドナーの方・患者さん・病院の条件により骨髄提供のみとなる場合が多くなると見込まれます。

骨髄移植が対象になるおもな病気

白血病

血液をつくる細胞の異常でがん化した血液細胞だけが増え、正常な血液がつくられなくなる病気。

再生不良性貧血

血液をつくる細胞の機能が低下し、血液成分が極端に少なくなる病気。

このほか、骨髄異形成症候群、悪性リンパ腫、先天性免疫不全症・代謝異常などがあります。

太田市骨髄移植ドナー支援事業について

太田市では、平成29年4月から骨髄または末梢血幹細胞のドナー(提供者)及びドナー登録者の増加を図り、骨髄等移植を推進するために骨髄等を提供した方に助成金を交付しています。

詳細は「骨髄移植ドナー支援事業」のページをご覧ください。

お問い合わせ先

骨髄バンク、骨髄移植・末梢血幹細胞移植について

公益財団法人日本骨髄バンクのホームページこのリンクは別ウィンドウで開きます

市内ドナー登録窓口

太田献血ルーム(群馬県赤十字血液センター)

場所:太田市飯塚町1549-2(太田市学習文化センター敷地内)

電話:0120-805-872

太田献血ルームのページはこちらこのリンクは別ウィンドウで開きますをご覧ください。

▲このページの先頭へ