トップ > 組織・電話番号 > 健康医療部-健康づくり課 > お知らせ > 新型コロナウイルス感染症予防のためにできること

新型コロナウイルス感染症予防のためにできること

これまでの感染拡大の経験から、感染リスクが高い行動や場面が明らかになってきました。

新型コロナウイルス感染症の伝播は、主に「クラスター」を介して拡大することが分かっています。

これまでのクラスター分析で得られた知見から、

  • 感染リスクが高まる「5つの場面」
  • 感染リスクを下げながら会食を楽しむ工夫

が新型コロナウイルス感染症対策分科会により提言としてまとめられました。

引き続き、感染リスクが高い行動を避けていただき、クラスター連鎖を抑えて、感染拡大防止にご協力をお願いします。

 

感染リスクが高まる「5つの場面」

場面①:飲酒を伴う懇親会等

場面②:大人数や長時間におよぶ飲食

場面③:マスクなしでの会話

場面④:狭い空間での共同生活

場面⑤:居場所の切り替わり

5scenes

 

 

感染リスクを下げながら会食を楽しむ工夫

  • 飲酒をするのであれば、
  1. 少人数・短時間で、
  2. なるべく普段一緒にいる人と、
  3. 深酒・はしご酒などはひかえ、適度な酒量で。
  • 箸やコップは使いまわさず、一人ひとりで。
  • 座の配置は斜め向かいに。(正面や真横はなるべく避ける)
  • 会話する時はなるべくマスク着用。(フェイスシールド・マウスシールドはマスクに比べ効果が弱いことに留意が必要)
  • 換気が適切になされているなどの工夫をしている、ガイドラインを遵守したお店で。
  • 体調が悪い人は参加しない。

寒冷な場面における新型コロナ感染防止等のポイント

cold_region

 

新しい生活様式

 新型コロナウイルスの出現に伴い、飛沫感染や接触感染、さらには近距離での会話への対策をこれまで以上に取り入れた生活様式を実践していく必要があります。これは、従来の生活では考慮しなかったような場においても感染予防のために行うものです。
 新型コロナウイルス感染症は、無症状や軽症の人であっても、他の人に感染を広げる例があります。新型コロナウイルス感染症対策には、自らを感染から守るだけでなく、自らが周囲に感染を拡大させないことが不可欠です。そのためには一人ひとりの心がけが何より重要です。
 具体的には、人と身体的距離をとることによる接触を減らすこと、マスクをすること、手洗いをすることが重要です。市民 お一人おひとりが、日常生活の中で「新しい生活様式」を心がけていただくことで、新型コロナウイルス感染症をはじめとする各種の感染症の拡大を防ぐことができ、ご自身のみならず、大事な家族や友人、隣人の命を守ることにつながります。

atarashiiseikatsuyoushiki

 

感染症を予防するために

  • 手洗いをしっかり行う
  • 咳、くしゃみが出る場合はマスクを着用するなど、咳エチケットを徹底する
  • 不要な外出はなるべく控え、人混みを避ける
  • 免疫力を上げる

(適度に身体を動かす、バランスのとれた食事、十分な睡眠、身体を温める、よく笑う、ストレスをためないようになど)

▲このページの先頭へ