トップ > 組織・電話番号 > 産業環境部-環境政策課 > ペットの災害対策

ペットの災害対策

  • 災害が起こったとき、最初に行うことは飼い主自身や家族の安全確保ですが、ペットの安全確保についても、ふだんから備えておくことが大切です。

飼い主が備えておくべきこと〔平常時〕

・住まいの防災対策        (家具等の固定。屋外飼育の場合は外壁、ガラス窓、倒れやすい建物や倒壊の恐れのあるもの                      がないか確認など) 

・しつけと健康管理        (ケージなどに慣らせておくことや「待て」「おいで」等のしつけ、ふだんから衛生状態の確保など)

・ペットが迷子にならないための対策(迷子札、マイクロチップ等による所有者明示) ※犬は鑑札、狂犬病予防済票の装着義務。

・ペット用の避難用品や備蓄品の確保(首輪、リード、キャリーバック、ケージなど)

・避難所や避難ルートの確認    

・家族や地域住民との連携     (連絡方法や集合場所、緊急時のペットの預け先の確保など)

関連リンク

〔環境省〕災害時におけるペットの救護対策ガイドライン

〔環境省〕ペットも守ろう!防災対策

 

▲このページの先頭へ