トップ > 組織・電話番号 > 産業環境部-環境政策課 > 太田市環境創造協議会 平成30年度実施事業について

太田市環境創造協議会 平成30年度実施事業について

ホタルの観察会を開催しました!

太田市の環境の保全と創造について、相互に緊密な連携を図りながら、協働して取り組むことにより、望ましい環境像の実現を図ることを目的に、協議会で活動するための先行事例として、「ぐんまこどもの国」と「太田市」が協働し、ホタルの観察会を実施しました。観察会では、ホタルの生態に詳しい「ぐんまこどもの国」の羽賀副園長にご協力いただき、ホタルの生態に関する事前説明や現地での解説をしていただきました。

参加者には、観察会を通じてホタルが生育できる自然環境についての理解を深めていただき、環境保全について考えていただくよい機会となればと考えています。来年度以降は、太田市環境創造協議会主催での開催を模索していく予定です。

  • 開催日時 平成30年6月13日(水) 19時30分から20時30分まで
  • 会  場 西長岡ビオトープ(農村整備課所有地)※強戸行政センター1F会議室に集合し、事前説明をしました。
  • 募集方法 平成30年6月1日号の広報にて募集
  • 募集人数 21名 ※会員であるサンノーバ株式会社の栗田氏にも参加いただきました。
  • 参  加  費 無料
こどもの国 羽賀副園長によるホタルの説明

強戸行政センターにて事前説明

画像

ぐんまこどもの国  羽賀副園長による説明

環境フェアに参加しました!

環境創造協議会としてエアリス総合体育館内に1ブース確保し、各団体が既に取り組んでいる事業について紹介しました。

来場者にはクールチョイス賛同署名の記入をお願いし、賛同者には記念品【カードサイズの温度計付きマグネット】を差し上げました。

来場者には記念品を渡すまではスムーズでしたが、その後展示パネルを閲覧していただいた方は非常に少数だったので、今後の課題となりました。

  • 開催日時 平成30年11月11日(日)9時00分から14時30分まで
  • 会  場 太田市新田文化会舘・総合体育館(エアリス)
  • 展示団体 3団体

環境フェア集合写真

1 東山公園の水芭蕉を守る会

水芭蕉の会展示

展示内容:平成30年3月に実施した第1回水芭蕉まつりまでの取り組み

水芭蕉群生地の写真

次回の水芭蕉まつりの計画等

 

2 サンノーバ株式会社

展示内容:自社で実施した、環境ボランティア活動(地域の方々戸強力しての谷地池周辺水路の清掃作業)や自然観察会(矢太神水源、妙参寺沼)の実施状況の写真等

サンノーバの取組み

 

3 リコージャパン株式会社

展示内容:リコー御殿場事業所(環境事業開発センター)の資料展示

リコーの取組み

天沼下流域ボランティア清掃活動(オオフサモ除去作業)

新田上田中町にある天沼下流域の水路において、特定外来生物オオフサモが水面に繁茂しており、オオフサモは在来植物の生育を妨げたり、水流を阻害したりするおそれがあるので、水路及び合流先である石田川の良好な水質を確保すべく、オオフサモを除去するボランティア清掃を実施しました。

実施日時 平成31年2月16日(土)9時00分から11時00分まで

場所 太田市新田上田中町天沼下流域

方法 水面に繁茂しているオオフサモを水路両脇から道具を使用して陸地に引き揚げ、適切な方法で除去・処分

参加者 15名

内訳:太田市環境創造協議会会員6名

(新田環境みらいの会1名、群馬県地球温暖化防止活動推進員1名、サンノーバ株式会社4名)

地元住民4名

市職員5名

オオフサモ除去作業前後

左:除去作業前 右:除去作業後

オオフサモ除去作業

オオフサモ除去作業

▲このページの先頭へ