トップ > 組織・電話番号 > 産業環境部-清掃事業課 > お知らせ > リチウムイオン電池が原因の火災が発生しました

リチウムイオン電池が原因の火災が発生しました

先日、リサイクルプラザ内でリチウムイオン電池が原因の火災が発生しました。
もえないごみにリチウムイオン電池が混ざっていて、圧縮された際に燃えたと思われます。
施設、収集車および作業員に危険がおよびますので、もえないごみには出さないでください。

現場写真

火災現場

原因となったリチウムイオン電池

原因となったリチウムイオン電池

リチウムイオン電池が使用されている機器の例

  • 携帯電話、スマートフォン、タブレット端末、ノートパソコン
  • デジタルカメラ、ビデオカメラ
  • 電子辞書、小型ゲーム機
  • 加熱式タバコ、電子タバコ、電機シェーバー
  • モバイルバッテリー

 上記は一例です。リチウムイオン電池は身の回りの多くの家電、小型家電に使用されています。
 リチウムイオン電池は家電、小型家電等から取り外し、「危険ごみ」として出してください。
 取り外せない場合は、そのまま「小型家電回収ボックス」に入れるか「危険ごみ」のかごに入れてください。
 施設、収集車および作業員に危険がおよびますので、もえないごみには出さないでください。

リチウムイオン電池の火災に関する参考ページ

▲このページの先頭へ