トップ > 組織・電話番号 > 消防本部 > お知らせ > ガソリンの取扱いに注意しましょう!

ガソリンの取扱いに注意しましょう!

平成25年8月15日、京都府福知山市の花火大会会場で多数の死傷者を出す火災が発生しました。
ガソリンの貯蔵・取扱いには細心の注意が必要です。
大きな事故を未然に防ぐために、以下の事項に十分注意しましょう。

(1)ガソリンの危険性について
  ・引火点がマイナス40度程度と低く、きわめて引火しやすい。
  ・揮発しやすく、その蒸気は、空気より約3~4倍重いので、滞留しやすく可燃性の雰囲気が広範囲に形成されやすい。
  ・電気の不良導体であるため、流動等の際に発生した静電気が蓄積しやすい。

(2)ガソリン容器の保管時の注意事項
  ・静電気による着火を防止するために、金属製容器で貯蔵するとともに、地面に直接置くなど静電気の蓄積を防ぎましょ
  う。
  ・火気や高温部から離れた、直射日光の当たらない通気性の良い場所で保管しましょう。
  
(3)ガソリンを使用する際の注意事項
  ・ガソリンを入れた容器を取扱う際には、開口前の圧力調整弁の操作等、取扱説明書等に書かれた容器の操作方法に
  従い、こぼれ・あふれ等がないよう細心の注意を払いましょう。
  ・特に夏期においては、ガソリン温度が上がってガソリンの蒸気圧が高くなる可能性があることから、取扱いに当たっては
  吹きこぼしが起こらないように注意しましょう。
  ・ガソリン使用機器の取扱説明書等に記載された安全上の留意事項を厳守し、特にエンジン稼動中の給油は絶対に行な
  わないようにしましょう。
  ・消火器を準備しましょう。

消防庁ホームページ ガソリンの安全な取扱いに関する啓発資料」

こちらをクリックしてください

問い合わせ先 

太田市消防本部予防課 0276-33-0202

▲このページの先頭へ