トップ > 組織・電話番号 > 消防本部 > お知らせ > 住宅用火災警報器の維持管理は大丈夫ですか?

住宅用火災警報器の維持管理は大丈夫ですか?

「いざ」というときのために、点検をしておきましょう!

   1 住宅用火災警報器が汚れていたら、お手入れをしてください!

     ・住宅用火災警報器にホコリなどが付くと感知しづらくなります。家庭用中性洗剤を浸して十分絞った布で軽く拭き取ってください。

   2 定期的に作動テストをおこないましょう!

     ・住宅用火災警報器を設置した後は、定期的に作動テストをおこなってください。本体から下がっている「引きひも引く」あるいは

      「ボタンを押す」ことで、火災警報器の作動点検ができます。

住宅用火災警報器の交換時期を確認しましょう!

   1 本体の交換時期

     ・交換期限が表示されているもの

       住宅用火災警報器の本体側面に表示されている交換期限に合わせて交換して下さい。

     ・交換期限が表示されていないもの

       交換期限が来たときに住宅用火災警報器が音声やランプ表示などで自動で知らせてくれる機能があります。

   2 電池の交換時期

     ・電池の寿命

       電池の寿命は、おおむね10年です。電池寿命が近づくと、音声やランプ表示などで電池交換時期を知らせてくれますので、

      新しい電池と交換して下さい。

     ・電池交換ができないもの

       電池交換ができるタイプとできないタイプがあります。電池交換ができないタイプは、本体ごと交換する必要があります。

     

 総務省消防庁HP(住宅用火災警報器PRハンドブック)

    ・こちらをクリックしてください。                                                   

【問合わせ先】

太田市消防本部予防課 電話 0276-33-0202

▲このページの先頭へ