トップ > 組織・電話番号 > 消防本部 > お知らせ > カセットボンベ・スプレー缶等の火災・事故を防ぐために廃棄は適切に

カセットボンベ・スプレー缶等の火災・事故を防ぐために廃棄は適切に

平成30年12月16日に北海道札幌市で発生した爆発火災では、50名以上の方々が負傷するなど被害が発生しています。

また、中身の残ったカセットボンベ・スプレー缶がごみに出され、ごみ収集車で火災が発生しています。

取扱い、廃棄は商品に表示されている説明をよく読み、適切に行ってください。

※詳しくはこちらをクリックこのリンクは別ウィンドウで開きます

▲このページの先頭へ