トップ > 組織・電話番号 > 消防本部 > 通信指令課 > 消防Q&A(答え1)

消防Q&A(答え1)



答え3
 消防署にはいろいろ仕事をしている人がいます。例えば、火事に行って火を消したり、救急車に乗ってけがをしている人や病気になった人を病院に運んだり、火事を起こさないようにいろいろ調べたり、火事の予防を皆さんに知らせたり、火事などの電話をとっている人がいます。
 消防署には、毎日午前8時30分から午後5時15分まで仕事をしている人と午前8時30分から次の日の午前8時30分まで一日中仕事をしている人がいます。一日中仕事をしている人が、消防車で火事を消したり、救急車でけがをしている人などを運んだりしています。その人たちは、次の日が休み(非番)になります。


答え4
 太田市と大泉町には、消防車が26台、救急車が11台あります。消防車の中には、はしご車や化学車、救助車があります。


答え5
 火事の大きさにもよりますが、消防車が7台、救急車が1台出動します。




答え8
 お金はかかりません。


答え9
 工場やガソリンスタンドなどに行っていろいろ調べたり、消火栓(消防車専用の水道)や消防車などを点検したりしています。毎日厳しい訓練もしています。毎朝消防車や救急車を点検して、いつでも出動できるように備えています。



答え11
 仮眠をしています。勤めている人全員で仮眠するのではなく、交替で起きています。パジャマには着替えません。いつでも出動できるように昼間勤めている服で仮眠をしています。


▲このページの先頭へ