トップ > 組織・電話番号 > 消防本部 > 通信指令課 > 119番映像通報システムの運用を開始します

119番映像通報システムの運用を開始します

【119番映像通報システムとは】

スマートフォンによる119番通報の際、必要に応じて通報現場と指令センターで通報者が撮影した映像を共有することができるシステムです。通報者が撮影する映像を消防本部へ伝送できるので、電話だけでは伝えることが難しい場合でも現場状況などを正確に伝えることができます。

イメージイラスト

【詳細な流れはこちら】PDFファイル(456KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

【市民の皆様へ】

  • 運用開始日時は、令和2年9月1日(火)8時30分からとなります。
  • 119番通報時に通信指令員が必要と判断したときに、119番映像通報システムでの映像送信について、ご協力をお願いすることがあります。
  • 映像送信にかかる通信料は通報される方の負担となるため、その都度確認させていただきますので、ご了承をお願いいたします。
  • 原則として、映像などの情報は一定時間で自動的に消去されますが、特別に映像などを保存する必要がある場合には、太田市情報セキュリティー基本方針および消防本部の基準に基づき厳正に管理します。なお、保存した映像は安全対策のための研修および資料作成、事故やトラブル等に関する情報収集・分析および原因究明等に使用させていただきます。

▲このページの先頭へ