トップ > 組織・電話番号 > 教育委員会-教育総務課 > ひとり親家庭大学生等支援金

ひとり親家庭大学生等支援金

新型コロナウイルスの影響により生活が困難となっている、親元を離れて暮らしているひとり親家庭の学生に対して支援金を支給します。

申請資格

次のすべてに該当する者とします。
ただし、特別な事情がある場合には支給対象となることもありますので、教育総務課にご相談ください。

  1. 学校教育法の規定に規定する大学(短期大学、専門職大学を含む)、大学院高等専門学校第4学年、第5学年及び専攻科)専修学校(専門課程)に在学していること。
  2. 市内に住所を有する者の子で、母子及び父子並びに寡婦福祉法に規定する配偶者のない女子または男子の子であること。
  3. 生計を維持する者と同居していないこと(自宅外通学をしている)。

支給金額

対象者1名につき10万円(返済不要)

支給方法

申請者本人の指定した口座へ順次一括振込します。

申請受付期間

令和2年7月1日(水)〜12月28日(月)必着

申請方法

コロナウイルス感染拡大防止のため、原則郵送にて下記の書類を送付してください。

書類の不備があった場合には再提出をお願いすることがありますので、記入例や注意をよくお読みの上ご準備をお願いします。

 1.太田市ひとり親家庭大学生等支援金支給申請書PDFファイル(452KB)

 2.太田市ひとり親家庭大学生等支援金支給請求書PDFファイル(333KB)
  ※受取口座は必ず申請者(学生)本人名義のものを記入してください。
  ※日付は記入しないでください。
 
 3.通帳のコピー
  ※受取口座の金融機関名、口座名義、口座番号が記載されている面を必ず添付してください。

 4.在学証明書の原本(コピー不可
 
 5.賃貸借契約書または入寮許可証(いずれもコピー可)
 
 ※契約期間が過ぎている場合は、契約を更新した際の契約書のコピーも必ず同封してください。

 6.戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)
  
※本籍地が太田市の場合:市民課、市内行政センター(太田行政センターを除く)、市内サービスセンターにて入手可能です。
  ※本籍地が太田市外の場合:本籍地の戸籍担当課(市民課等)にて入手してください。

送付先

〒370-0495 太田市粕川町520番地
      太田市教育委員会 教育総務課 支援金担当者 宛

Q&A

Q1.太田市の実家から住民票を移していません。支給の対象になりますか。

A1.提出された賃貸借契約書の写しまたは入寮許可証の写しにより、自宅外通学をしていることが確認できれば支給対象になります。住民票の異動の有無は要件ではありません。

  Q2.支給時期はいつごろになりますか。

A2.申請受付から1ヶ月以内を目標に支給します。

Q3.両親がいずれもおらず、祖父に生活費等の援助をしてもらっています。支給の対象になりますか。

A3.他の資格をすべて満たせば支給対象になります。この場合では祖父が生計維持者となり、申請者が祖父と同居していないことが条件となります。

Q4.コロナウイルスの影響で在学証明書が入手できない場合はどうすればよいですか。

A4.在学証明書の代わりに、本年度授業料等の払込受領書(領収書)の写し本年度有効の学生証(両面)の写しの2点を送付してください。
本年度進学し、学生証がまだ交付されていない場合は、本年度授業料等の払込受領書(領収書)の写し合格通知書の写しの2点を送付してください。

Q5.他に利用している奨学金と併用できますか。

A5.併用可能です。ただし、併用先の制度が併用を認めていない場合があるため、必ず併用先へ確認の問い合わせをお願いします。

Q6.所得審査はありますか。

A6.原則ありません。

Q7.申請資格はいつの時点で満たしていればよいのですか。

A7.申請時点で申請資格を全て満たしていれば支給対象となります。

Q8.大学等を休学中でも支給対象になりますか。

A8.提出された証明書等により、大学等への在籍が確認することができれば支給対象となります。

gakusyuootan

▲このページの先頭へ