トップ > 組織・電話番号 > 福祉こども部-こども課 > お知らせ > 児童扶養手当と障害年金の併給調整が見直されます

児童扶養手当と障害年金の併給調整が見直されます

見直し内容

1.児童扶養手当と調整する障害年金等の範囲が変わります

 これまで、障害基礎年金等を受給している場合、障害基礎年金等の額が児童扶養手当額を上回る場合には、児童扶養手当を受給できませんでした。制度改正により、令和3年3月分の手当以降は、児童扶養手当額が障害年金の子の加算部分を上回る場合には、差額を児童扶養手当として受給することができるようになります。

2.支給制限に関する所得の算定が変わります。

 児童扶養手当制度では、受給資格者、扶養義務者のそれぞれの所得に応じて手当の支給を制限しています。令和3年3月分の手当以降は、障害基礎年金等を受給している受給資格者の支給制限に関する所得に非課税の公的年金等※が含まれます。

 ※障害年金、遺族年金、労災年金、遺族補償等

必要な手続き

すでに児童扶養手当の資格を持っている又は申請している方

 手続き不要

上記以外の方

 申請が必要です。児童扶養手当の要件に該当している場合、令和3年3月1日以前でも申請は可能です。該当する方はご相談ください。児童扶養手当について詳しくはこちら

 注意!通常、児童扶養手当は申請の翌月分から支給開始となりますが、これまで障害基礎年金等を受給していたため児童扶養手当を受給できなかった人のうち、令和3年3月1日に支給要件を満たしている方は、令和3年6月30日までに申請すれば、令和3年3月分の手当から受給できます。

参考

 障害年金を受給しているひとり親家庭の方へ

 児童扶養手当法の改正Q&A

 

    

 

お問い合わせ先

 太田市役所 こども課 児童給付係

 〒373−8718 太田市浜町2番35号 電話番号0276−47−1942(受付時間平日8時30分から17時15分まで)

▲このページの先頭へ