トップ > 組織・電話番号 > 教育委員会-青少年課 > 太田市サイエンスアカデミー

太田市サイエンスアカデミー

令和2年度 第10回太田市サイエンスアカデミーについて※募集は締め切りました。

ものづくりの町太田の児童がサイエンス(科学)に興味や関心を高め、明日の太田を支える人材の育成を図ることを目的として、太田市サイエンスアカデミーが開講されました。
対象:市内在住または在学の小学5、6年生 ※保護者による送迎が可能な方
定員:30名(各組15名ずつ)
期間:令和2年8月28日(金)〜11月13日(金)
   2クラス制(各クラスとも5回ずつの講座)
講座日:基本金曜日、18時30分〜20時00分
場所:ものづくりイノベーションセンターほか
受講料:無料
※新型コロナウイルス感染症の状況により、講座が開催できない場合には、振替として動画を提供します。
問い合わせ先:電話0276-20-7082、太田市教育委員会青少年課育成係

新型コロナウイルス感染拡大防止対策について

令和2年度第10回太田市サイエンスアカデミーの講座については、以下の感染拡大防止対策を行った上で開講します。

(1)受講生のマスク着用、講師・アシスタントや職員のマスク等の着用の徹底

(2)事前に配布する健康チェックシートを提出してもらい、受付時に検温、手指の消毒を行う ※講師や職員等も同様に検温消毒を行う

(3)発熱、風邪の症状がある場合には、お帰りいただく

(4)受講生間の距離をできるだけ2m保つように配慮し、また席についても同様に2mの間隔を空ける

(5)室内の換気

(6)トイレ後などの手洗いの徹底

 

上記の感染拡大防止対策を行った上での開講を予定しておりますが、新型コロナウイルスの感染拡大の状況により、講座の開講ができない場合については、振替講座として動画を提供します。

令和2年度の様子

令和2年度は市内在住在学の小学5年生・6年生を対象に受講生を募集し、2クラス合計30名の受講生が8月から11月まで全10回の講座を受講しました。毎回違ったテーマで、様々な分野の科学に触れて学んでいる子どもたちの様子をご覧ください。

R2ホタル

薬品を混ぜ合わせると、人工的にホタルの光をつくることができました。最初の講座でみんな緊張していましたが、ビーカーからあふれ出てくるような光に「うわ、すごい!」「きれい!」と次々に声が上がりました。

R2ものさし

1ミリメートルよりも、長さを細かく測るにはどうするか?メートルは誰がなぜ、どういう風に決めたのか?「知らないことを知ろうとすることが学ぶこと」と教えられました。

R2くだもの電池

「くだもの電池で電子オルゴールを鳴らそう」では、一人分だと音が小さかったけど、他の人と一緒に繋げてみると音も大きくはっきりと音色が聞こえたね。みんなと協力してできました。

R2ゴム・スライム

薬品を混ぜ合わせてできたスライムをみんな夢中でゴムのように伸ばしていました。先生から「スライムに塩を混ぜると、スーパーボウルになるよ」と聞き、驚きの声が上がりました。

R2光センサー

センサーが動きを捉え、画面上の棒人間が自分と同じ動きをする度に感嘆の声が上がりました。また、先生から「この技術を応用すれば、接触せずに機械のスイッチをON・OFFすることができるためコロナ対策にもなる」と、非常に大事な話もしてもらいました。

R2サンノーバ

サンノーバ(株)から講師を招き行われた「粉を固める実験」では、錠剤を作ったり安全な薬を作るために必要なことを学びながら、実際に錠剤を作ってみました。

R2メビウス

メビウスの輪。どんな輪ができるのか?と予想しながら、不思議な輪をたくさん作りました。予想はなかなか当たらず、みんな首を傾げていました。「予想はまちがってもいい!まちがっていたらまた考える」

A集合

新型コロナウイルス対策によりいろいろな規制がありましたが、A組のみんなよく頑張りました!

B組集合

B組のみんなもよく頑張りました!

太田市サイエンスアカデミー動画「太田市宇宙の教室」(小中高校生向け)

太田市サイエンスアカデミーでは、太田市在住・在学の小学5・6年生を対象に、群馬大学や、市内企業などの協力を得て、さまざまな科学講座を行っています。講座の中で受講生たちに提供された美しい宇宙の写真や動画を、「太田市宇宙の教室」として皆さんに公開します。

・「宇宙の教室2」動画のページへこのリンクは別ウィンドウで開きます

▲このページの先頭へ