トップ > 組織・電話番号 > 総務部-納税課 > モバイルレジ納付について

モバイルレジ納付について

モバイルレジ

納付書に印刷されたバーコードを、モバイルレジ専用アプリを使用してスマートフォン等で読み取りを行い、インターネット経由で銀行決済(モバイルバンキング)またはクレジットカードにより税金を納付できるサービスです。

詳しくは「モバイルレジ」のホームページをご覧ください。

NTTデータ・モバイルレジこのリンクは別ウィンドウで開きます  ※株式会社NTTデータのホームページに接続します。

※「モバイルレジ」は株式会社NTTデータの登録商標です。

モバイルバンキングでの納付

モバイルレジで金融機関情報の登録を行い、インターネットバンキングで納付します。

事前にご利用いただく金融機関にインターネットバンキングの利用申込みが必要になります。

詳しくはご利用の金融機関にお問い合わせください。

対象税目

市県民税(普通徴収)、固定資産税、軽自動車税、国民健康保険税(普通徴収)

利用可能な金融機関

金融機関により、モバイルレジが利用できない場合があります。

利用可能な金融機関については、株式会社NTTデータのモバイルレジのホームページをご覧ください。

クレジットカードでの納付

モバイルレジでクレジットカード情報を登録してクレジットカードで納付します。

利用可能なクレジットカード

・VISA ・Mastercard ・JCB ・American Express ・Diners Club

対象税目

市県民税(普通徴収)、固定資産税、軽自動車税、国民健康保険税(普通徴収)

クレジットカード決済手数料

クレジットカードを利用して税金を納付する場合、納付額に応じた手数料が必要になります。

納付額 手数料
1円〜5,000円 27円
5,001円〜10,000円 82円
10,001円〜20,000円 165円
20,001円〜30,000円 275円
30,001円〜40,000円 385円
40,001円〜50,000円 495円

以降、同様に10,000円毎に、手数料が110円ずつ加算されます。

モバイルレジご利用上の注意

◇モバイルレジはスマートフォン等での利用になります。金融機関、コンビニエンスストア、納税課窓口等での利用は出来ません。

◇すでに口座振替をご利用の方は、口座振替の解約を行わずにモバイルレジで納付すると二重納付になる場合があります。

◇バーコードの印字のない納付書は、モバイルレジを利用出来ません。

◇納付書は発行から14ヶ月利用できます。使用期限を過ぎている納付書では、モバイルレジを利用出来ません。

モバイルレジで納付をした場合は領収書が発行されません。領収書が必要な場合は、金融機関、コンビニエンスストア、納税課窓口等で納付してください。

モバイルレジで軽自動車税を納付した場合、継続検査用納税証明書は発行されません。継続検査用納税証明書が必要な場合は、金融機関、コンビニエンスストア、納税課窓口等で納付してください。ただし、軽自動車税を納期限までに納付している場合のみ、6月下旬に継続検査用納税証明書を送付します。

▲このページの先頭へ