トップ > 組織・電話番号 > 市民生活部-生品行政センター > 新田義貞公にかかわる福井市と太田市新田地区 地域間交流事業

新田義貞公にかかわる福井市と太田市新田地区 地域間交流事業

 「新田義貞公にかかわる福井市と太田市新田地区地域間交流事業」というのは、新田義貞公の戦勝の旗上げ地とされる太田市新田地区と、戦没されたとする福井市明新(めいしん)地区とで、歴史の再発見や児童の体験学習を通して、交流を深めることを目的とした事業です。スタートは平成16年度で、それ以来、太田市と福井市のお互いを訪問するという形で続けられているものです。

  • 平成30年度

    平成30年度は、福井市を訪問しました。日程は8月22日と23日の1泊2日です。

  • 1日目(8月22日)

    集合写真

    称念寺見学

    生品神社

    明新公民館にて

    集合写真

    越前松島水族館にて磯の生物観察会

    生品神社

    福井県立芦原青年の家にてレクリエーション

    2日目(8月23日)

    集合写真

    化石発掘体験にて

    生品神社

    お別れ会の様子

  • 平成29年度

    平成29年度は、福井市のみなさんをお迎えしました。日程は8月24日と25日の1泊2日です。短い時間でしたが、友達がたくさんできました。

  • 1日目(8月24日)

    集合写真

    生品行政センター正面玄関にて

    生品神社

    生品神社で参拝の様子

    金山ガイダンス説明

    金山ガイダンスで山城についての説明

    火おこし

    火おこし体験もしました

    2日目(8月25日)

    ビジターセンター

    スバルビジターセンターで説明を聞いている様子

    お別れ

    スバルビジターセンターで福井の皆さんとお別れしました

    ▲このページの先頭へ