トップ > 組織・電話番号 > 福祉こども部-社会支援課 > 住居確保給付金

住居確保給付金

 本制度は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大等の状況を踏まえ、休業等に伴う収入減少により、離職や廃業に至っていないが、こうした状況と同程度の状況に至り、住居を失う恐れが生じている方に対して、住居確保給付金を支給するものです。

支給内容

支給対象

 次に掲げる方

(1)離職等により経済的に困窮し、住宅を喪失した方もしくは喪失する恐れがある方

(2)離職または廃業後、2年以内の方

(3)離職日において、世帯の生計を主として維持していた方

(4)職業訓練受講給付金を申請者及び申請者と同一の世帯に属する方が受けていない方

(5)給与等を得る機会が当該個人の責に帰すべき理由・当該個人の都合によらないで減少し、離職や廃業と同程度の状況にある方

  (令和2年4月20日より対象拡大)

支給要件

以下の要件にすべてあてはまる方

(1)収入要件:世帯収入合計額が、市民税均等割が非課税となる収入額の1 / 12 +家賃額(住宅扶助特別基準額が上限)を超えないこと

  〈目安〉単身世帯:10.87万円、2人世帯:15.2万円、3人世帯:17.99万円

(2)資産要件:世帯の預貯金額の合計が、以下を超えないこと(但し100万円を超えない額)

  〈目安〉単身世帯:46.8万円、2人世帯:69万円、3人世帯:84万円

(3)求職活動等要件:誠実かつ熱心に求職活動を行うこと

支給額(家賃上限額)

・単身世帯:3.07万円、2人世帯:3.7万円、3人世帯:3.99万円

 但し、申請日の属する月における、申請者及び申請者と同一の世帯に属する方の収入合計額が、基準額を超える場合については、次に掲げる計算式により算出される金額が支給額となります。

 支給額=実家賃額ー(月の世帯の収入額ー基準額)

 ※支給額には上限額があります。

支給期間

原則3ヶ月(求職活動等を誠実に行っている場合は延長、再延長可能)

支給方法

賃貸住宅の賃借人または不動産媒介事業者等への代理納付

申請先

太田市役所 南庁舎1階 社会支援課 窓口

受付時間 午前8時30分から午後5時15分

問合せ先

太田市役所 福祉こども部 社会支援課(太田市福祉事務所)

太田市浜町2番35号(太田市役所南庁舎1階)

電話 0276-47-1957

申請書等ダウンロード(関係様式集)

様式は下記よりダウンロードし、ご記入の上お持ちください。

No 様式 記入例

1

住居確保給付金支給申請書 住居確保給付金支給申請書記入例

2

住居確保給付金申請確認書 住居確保給付金申請確認書記入例

▲このページの先頭へ