トップ > 組織・電話番号 > 健康医療部-医療年金課 > 後期高齢者医療保険料について

後期高齢者医療保険料について

後期高齢者医療保険料の求め方

 後期高齢者医療保険料は、被保険者が等しく負担する「均等割額」と被保険者の所得に応じて決まる「所得割額」の合計額になり、個人単位で計算されます。保険料の計算基準(均等割額、所得割額など)については、群馬県後期高齢者医療広域連合が定めており、2年ごとに見直しが行われています。
 保険料の計算基準についてはこちらこのリンクは別ウィンドウで開きます(外部リンク「群馬県後期高齢者医療広域連合 保険料について」のページへ)をご参考ください。

(参考)保険料の特例的な均等割軽減見直しについては、こちらをご覧ください。PDFファイル

※保険料は、年度始めの4月から翌年3月までの12ヶ月分で計算されます。
 年度の途中から後期高齢者医療保険制度に加入した場合は、加入した月から計算され、国民健康保険など他の医療保険税は後期高齢者医療保険制度に加入した月の前月までで計算されます。そのため、納期限が重なり、同じ時期にお支払いすることはあっても、保険料の計算期間が二重になることはありません。

保険料の納め方

 保険料の納め方は、(1)年金から引かれる「特別徴収」と(2)納付書や口座振替などで納める「普通徴収」に分かれます。また、本来であれば特別徴収の方も、事情により普通徴収で納めていただく場合があります。

(1)特別徴収になる人
 「介護保険料を引かれている年金額」が18万円以上あり、後期高齢者医療保険料と介護保険料の合計額が、「介護保険料を引かれている年金の額」の2分の1を超えない人。

(2)普通徴収になる人
 ○「介護保険料を引かれている年金額」が18万円以上あり、後期高齢者医療保険料と介護保険料の合計額が、「介護保険料を引かれている年金額」の2分の1を超える人。
 ○介護保険料が年金から引かれていない人。
 ○年金額が年額18万円未満の人。

※保険料を「特別徴収(年金天引き)」されている人も、「普通徴収(口座振替)」を選択できます。

 年金天引きを中止し、口座振替でのお支払いをご希望される人は、下記の金融機関にて口座振替の申し込みをしてください。
(毎月15日までに口座振替の申し込みをした場合は、翌月末(月末が土日祝日の場合は翌々月頭)から口座振替が開始されます)

※年金天引きが中止になるのは、申込日により異なります。
※年金天引きを中止する代わりに口座振替での保険料のお支払いになりますので現金納付にはできません。
※申請用紙は太田市内の下記の金融機関にあります。

納期および納付場所

後期高齢者医療保険料の納期
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
特別徴収(年金からの天引) 1期 2期 3期 4期 5期 6期
普通徴収(現金納付又は口座振替) 1期 2期 3期 4期 5期 6期 7期 8期

※75歳になった月によって、納付開始時期及び回数が変わります。
 特別徴収、普通徴収両方で納めていただく場合があります。

普通徴収の納付場所
金融機関
群馬銀行 三井住友銀行 埼玉りそな銀行 足利銀行 東和銀行
栃木銀行 桐生信用金庫 足利小山信用金庫 アイオー信用金庫 中央労働金庫
しののめ
信用金庫
あかぎ信用組合 ぐんまみらい信用組合 太田市農業協同組合 新田みどり農業協同組合
関東各都県及び山梨県所在のゆうちょ銀行・郵便局(納期限内に限る)

※今まで三井住友銀行の窓口で納付されていた方へ

令和5年4月1日から三井住友銀行窓口での納付ができなくなります。(口座振替は引き続き可能です。)
そのため、今後は他に納付が可能な金融機関窓口やコンビニ、口座振替等による納付をご検討いただきますようお願いいたします。

行政機関
太田市役所医療年金課窓口 太田市東サービスセンター
太田行政センターを除く各行政センター(現年度分に限る) 太田市西サービスセンター
 
新たに、コンビニエンスストア・MMK設置店、LINE Pay、モバイルレジ、PayPay、d払い、au PAY、J-Coin Payで保険料を納付できるようになりました。
詳細につきましては、以下をご覧ください。

後期高齢者医療保険料の収納事務を委託しています

高齢者の医療の確保に関する法律(昭和57年法律第80号)第114条の規定により、普通徴収の方法によって徴収する後期高齢者医療保険料の徴収の事務を以下のように委託しましたので、高齢者の医療の確保に関する法律施行令(平成19年政令第318号)第33条の規定に基づき公表します。

  • 委託先:株式会社エヌ・ティ・ティ・データ

保険料を滞納した場合

特別な理由がなく保険料を滞納した場合は「短期被保険者証」や「資格証明書」が交付されることがあります。
・「短期被保険者証」…通常の保険証より有効期間の短い保険証
・「資格証明書」…長期間、保険料の滞納をした場合に保険証の代わりに交付されるもの。資格証明書の場合、医療費をいったん全額自己負担し、後日、払い戻しの申請を行うことになります。

※保険料の納付が困難となった場合は、医療年金課へご相談ください。

▲このページの先頭へ