トップ > 組織・電話番号 > 産業環境部-環境政策課 > 犬の避妊又は猫の避妊・去勢に関する手術費助成 

犬の避妊又は猫の避妊・去勢に関する手術費助成 

避妊・去勢手術助成

 市では、捨て犬や捨て猫の防止のため、飼養されているメス犬、メス猫、オス猫に避妊又は去勢手術を受けさせた場合に、手術費の一部を助成します。
 希望する人は、手術実施後に、環境政策課へ申請してください。なお、犬・猫ともに予算がなくなり次第終了となります

 助成対象は令和3年度(令和3年4月1日から令和4年3月31日まで)に実施された避妊・去勢手術とし、申請期間は令和3年度内の最終開庁日までとなります。令和3年3月31日以前に実施した手術については、申請及び支給できませんのでご了承ください。

詳  細  情  報
対  象
・本市内において、メス犬又はメス猫・オス猫を所有し、かつ、飼育している市民。
・申請者を含む世帯の中で市税(国保税を含む)を納期限に完納していること。
・メス犬の場合、登録および当年度の狂犬病予防注射を受けていること。
・申請する年度内に手術をしていること。
・営利目的で飼育している場合は対象外。
助成金額
(1匹あたり)
犬の避妊    =手術費用の3分の1(上限5,000円) 
猫の避妊・去勢 =手術費用の3分の1(上限3,000円)
申請書類
  1. 犬の避妊又は猫の避妊・去勢に関する手術費助成金交付申請書
  2. 振込依頼書
  3. 避妊・去勢手術実施済証明書(犬の避妊又は猫の避妊・去勢手術を受けた病院にて証明を受けてください。)
  4. 完納照合票 (必要事項を記入し、本庁舎2F収納課にて照合印を受けたものを提出してください。完納照合の際には、本人の身分を証明するもの(運転免許証等)を持参ください。)

※1.2.4については、環境政策課窓口でもご記入いただけます。

※1.2.3.4の様式についてはHPからダウンロードできます。

持参するもの
⚪印鑑(朱肉を使用するもの)
⚪振込先のわかるもの(通帳など)
⚪犬の場合、犬鑑札および狂犬病予防注射済票

▲このページの先頭へ