トップ > 組織・電話番号 > 産業環境部-清掃事業課 > ごみ排出量について

ごみ排出量について

年間ごみ排出量

 太田市の年間ごみ排出量の推移を掲載します。
 太田市のごみは、全体で見ると平成18年度をピークに平成28年度まで少しづつ減少していましたが、平成29年度、30年度は少し増加しました。平成30年度は、年間総排出量80,821.08tの内、可燃ごみ68,399.54t、不燃・粗大ごみ4,258.98t、資源ごみ2,408.13t、その他の資源等(集団回収された紙ごみなど)5,754.43tとなっています。
 また、平成29年度と平成30年度の可燃ごみを比較すると、家庭ごみは約568t増加、事業ごみは約133t増加しており、可燃ごみ全体では約701t増加しています。
 ごみの減量化へのご協力をよろしくお願いいたします。

太田市のごみ排出量の推移

家庭ごみの推移(可燃ごみ)

事業ごみの推移(可燃ごみ)

平成31年度(令和元年度)月別ごみの排出量

 月別のごみの排出量は、以下のとおりです。なお、各種団体による資源回収ごみやコンポスターなどによるリサイクル処理ごみ、新田緑のリサイクルセンターでのせん定枝等の処理量は含んでおりません。

家庭系ごみ量(単位:t)
可燃ごみ量 不燃・粗大ごみ量 資源・危険ごみ量 合計
4月 3,907.19 292.51 183.89 4,383.59
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
1月
2月
3月
事業系ごみ量(単位:t)
事業者等による直接搬入 収集運搬許可業者による搬入 合計
可燃ごみ量 不燃・粗大ごみ量 可燃ごみ量 不燃・粗大ごみ量
4月 315.20 42.30 1,330.97 16.33 1,704.80
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
1月
2月
3月

ごみ処理の流れ

 年度別のごみ処理の流れについては、以下のフロー図のとおりです。

▲このページの先頭へ