トップ > 組織・電話番号 > 都市政策部-建築指導課 > お知らせ > ブロック塀の倒壊防止について

ブロック塀の倒壊防止について

1 ブロック塀の倒壊による被害について

 平成30年6月17日に群馬県南部で震度5弱を観測する強い地震がありました。

 また、平成30年6月18に発生した大阪府北部を震源とする地震では、震度6弱を観測し、この地震の影響で建築物、

ブロック塀等に多数の被害が発生し、倒壊したブロック塀によって死傷者が出ております。

 

2 安心なブロック塀をめざしましょう

 建築基準法等の規定を満足するブロック塀は、大きな地震にも耐えうる事ができます。しかし、ブロック塀は、

自然環境のもとで経年劣化し、ブロックのひび割れ、鉄筋のさび、塀の傾き等が発生します。

 ブロック塀の維持管理は、建築基準法第8条第1項により、所有者、管理者および占有者の責任であり、日頃から

点検および診断を行い異常が認められたときには、転倒防止対策や改修を早急に行い、安心な生活空間の構築をめ

ざしましょう。

 

3 古いブロック塀の調査項目(以下の5項目を点検し、ひとつでも不適合があれば、危険なので改善しましょう)

1)基礎の根入れはあるか

(コンクリートの基礎は、根入れ深さが30cm以上あるか)

2)塀は高すぎないか

(塀の高さは地盤から2.2m以下か)

3)控え壁はあるか

(塀の長さ3.4m以下ごとに、塀の高さの五分の一以上突出した控え壁があるか)

4)塀に鉄筋は入っているか

(塀の中に直径9mm以上の鉄筋が、縦横ともに80cm間隔以下で配筋されており、縦筋は壁頂部および基礎の横筋に、

横筋は縦筋にそれぞれにかぎ掛けされているか)

5)塀は健全であるか

(塀に傾き、ひび割れはないか)

 

→ 詳細は関連ファイル「建物もあなたと同じ健康診断」をご参照ください。※国土交通省・建築物防災協会推進協議会(抜粋)

→ 既設ブロック塀の安全点検のためのチェックポイント ※国土交通省作成(国住指第1130号 平成30年6月21日)

 

※ブロック塀の調査について、市役所では内部構造等の確認が出来ないため、ブロック塀診断士などの専門知識を持った人

 による精密診断を受けると、より正確に判定できます。ブロック塀の安全性を点検し災害に備えましょう。

▲このページの先頭へ