トップ > 組織・電話番号 > 教育委員会-教育総務課 > 【7月募集】太田市奨学金のご案内

【7月募集】太田市奨学金のご案内

令和3年度7月募集については、令和3年7月30日(金)をもって受付を終了いたしました。

この制度は、進学等の意欲と能力がありながら、経済的理由により高校および大学等への進学が困難な者に対し、奨学金を無利子で貸与し有用な人材を育成することを目的としています。

この奨学金は、貸与終了後、必ず全額返還していただくものです。十分考慮の上申請してください。
現時点で在学している学校における学資としての貸与となります。


太田市奨学金は現在、年2回(1月、7月)の募集を行っています。7月募集では、現在在学中の学校における奨学金の申請のみ受け付けています。
たとえば、現時点で高校3年生の方が来年度の大学進学等における貸与を希望する場合は、1月募集にて申請を行ってください。

申請資格

次の1.から4.までのすべてを満たす方

  1. 学校教育法に規定する高等学校(中等教育学校の後期課程および特別支援学校の高等部を含む)、高等専門学校、短期大学、大学(院)または専修学校(高等課程、専門課程)に在学していること。
  2. 原則として、市内に住所を有する者の子であること。
  3. 品行方正で学力優秀であること。
  4. 経済的理由により修学が困難であること。

所得基準

大学等における学資としての申請については、以下のエクセルファイルから所得基準を満たすか否かを確認することができます。

 所得基準チェック表エクセルファイル(24KB)(PCからご覧ください)

 ※あくまで参考としてご活用ください。
 ※令和3年度太田市奨学生(7月募集分)向けのものです。内容に関しては予告なく変更されることがあります。
 ※高校等における学資としての申請における所得基準については、直接教育総務課までお問い合わせください。

募集人数

高校生等 5名程度   大学生等 15名程度

貸与条件




高校学校、専修学校(高等課程)等     月額13,000円
短大、大学(院)、専修学校(専門課程)等 月額33,000円



令和3年10月1日〜正規の修学年限まで



学校卒業後(貸与が終了した月)の翌月から起算して1年を経過した後、貸与を受けていた2倍に相当する期間内に毎月返還


毎年6月、7月、10月、1月に3か月分ずつ口座振込
※貸与初年度は12月、1月に3か月分ずつ(計6か月分)振り込みます。




2人(以下の1,2に該当する人をそれぞれ1人ずつ)

1.申請者が未成年者の場合:親権者(親権者がいない場合は未成年後見人)
     成年者の場合:父または母(父母がいない場合、申請者本人のおじおば・兄弟姉妹等の3親等以内の親族)
2.日本国内に住所を有する成年者(父母を除く)

※連帯保証人のうち少なくとも1人は、今年度(令和3年度)市町村民税が非課税でない方を選定してください。
                                                  

申請方法

(1)申請期間:7月1日(木)から7月30日(金)まで(郵送不可)
      午前9時から午後5時(土曜・日曜・祝日を除く)

(2)申請場所:教育総務課(尾島庁舎2階)

(3)申請書類
 案内書と申請書類はこちら(722KB)からダウンロードできます。
 ※書類の不備がある場合、訂正や再提出をお願いすることがあります。必ず案内書の注意事項をよくお読みください。



 1.奨学金貸与申請書(様式第1号)

 2.作文


 3.住民票の写し

 4.在学校で発行した調査書または学業成績証明書
  
※現在1年生の場合、卒業した学校に発行を依頼してください。
 
 5.所得・課税証明書(令和3年度(令和2年分))
  
 6.市税等を完納していることを証明する書類(完納証明書等)
  
※太田市外に在住の連帯保証人のみ、各市区町村の納税担当課へ発行を依頼してください。
  ※太田市内に在住の連帯保証人については、提出不要です。

 ※上記のほか、必要に応じて追加書類の提出をお願いすることがあります。

貸与決定等

教育委員会にて採否を決定し、結果を令和3年9月中に通知します。

返還猶予

病気、その他正当な理由により奨学金の返還が困難な人については、届出により相当期間その返還期間が猶予されます。

問い合わせ

太田市教育委員会 教育総務課(尾島庁舎2階) 電話:0276-20-7080
〒370-0495 太田市粕川町520番地

▲このページの先頭へ