トップ > 組織・電話番号 > 教育委員会-文化財課 > 埋蔵文化財 > 【太田市の遺跡・遺物】紹介動画(YouTube)

【太田市の遺跡・遺物】紹介動画(YouTube)

 太田市では数多くの遺跡や遺物が見つかっています。その中でも特に重要なものは国県市の指定を受けますが、指定されていないものでも珍しい遺跡や遺物があります。ここでは指定されていないものを含め遺跡や遺物を【動画】で紹介します。

データ・画像等の無断転載・無断改変を禁止します。該当データから二次利用する場合は太田市文化財課の許可が必要です。

 

古墳時代

古墳時代の巨大集落と希少な遺物「反丸遺跡」

そりまるいせきしゅつどのこもちまがたま 【反丸遺跡】(太田市吉沢町)

 太田市北部の反丸(そりまる)遺跡は、おおた渡良瀬産業団地の造成に伴い、平成29年度から令和2年度にかけて発掘調査を行いました。古墳時代の竪穴建物跡400軒以上、遺物収納箱900箱以上の遺物が見つかり、一つの巨大集落の様子が明らかになりました。
 また石製模造品(せきせいもぞうひん)の製作工房と思われる建物跡が10軒以上確認され、祭祀(さいし)にかかわる遺物のほか、本来希少とされる遺物が多く出土しました。

→ YouTube「反丸遺跡」紹介動画(約11分) へ

 

古墳時代の音 〜1500年前の土鈴〜

こふんじだいのおと 【反丸遺跡】(太田市吉沢町)

 反丸(そりまる)遺跡の竪穴建物跡からは、古墳時代の土製の鈴【土鈴(どれい)】も出土しています。ほぼ壊れている箇所もなく、当時(1500年前)の人々も聴いたであろう音と同じ音を聴くことができます。

→ YouTube「古墳時代の音」(約5分) へ

 

太田市の古墳

おおたしのこふん 【天神山古墳ほか市内の古墳】(太田市)

 太田市では、東日本最大の古墳である【天神山古墳】に代表される数多くの古墳が存在し、その数は現在確認されているだけでも1700基近くに上ります。今回はその中でも有名な古墳を中心に取り上げ紹介します。

→ YouTube「太田市の古墳」(約9分) へ

 

 

 

奈良・平安時代

古代の高速道路「東山道駅路」

とうさんどうえきろ 【東山道駅路】(太田市)

 東山道駅路(とうさんどうえきろ)は、奈良・平安時代に都と東国を結んでいた道です。
「東山道」とは北海道と同じく地域の名称で、「駅路」とは7世紀後半に国家によって整備された、都と地方を結ぶ全国的な道路網のことです。
 太田市では発掘調査によって幅10mを超える道が3ルート確認され、周辺では関係する遺構や遺物が見つかっています。

→ YouTube「東山道駅路」紹介動画(約9分) へ

 

▲このページの先頭へ