トップ > 組織・電話番号 > 健康医療部-健康づくり課 > 母子の健康 > HPV(ヒトパピローマウイルス)感染症 定期予防接種の積極的勧奨の再開について

HPV(ヒトパピローマウイルス)感染症 定期予防接種の積極的勧奨の再開について

HPVワクチンは、2013年4月から定期予防接種となりました。しかし、ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な疼痛等が特異的にみられたことから、適切な情報提供ができるまでの間、積極的な勧奨はしないよう国から通知がありました。
HPVワクチンの有効性および安全性に関する評価、接種後に生じた症状への対応、情報提供の取組み等について議論が行われ、安全性について特段の懸念が認められないことが確認され、接種による有効性が副反応のリスクを上回ると認められたため、個別勧奨を再開することとなりました。

詳しくはこちらをご覧ください。

個別通知の発送について

  • 対象者:令和4年度に小学6年生から高校1年生相当年齢の女子
  • 発送時期:令和4年4月に予診票を郵送しました

「キャッチアップ接種」について

積極的勧奨の差控えにより、接種機会を逃した方へ、時限的に従来の定期接種の対象年齢を超えて接種を行います。

  • 対象者:平成9年(1997年)4月2日から平成18年(2006年)4月1日生まれの女子
  • 接種期間:令和4年(2022年)4月から令和7年(2025年)3月まで

※予防接種を受けるときは「予診票」が必要です。 接種を希望する方は、保健センターへご連絡ください。

接種ワクチンと標準的な接種方法

同じワクチンを合計3回、筋肉内に接種します。ワクチンの種類は医療機関により異なります。

種類 標準的な接種方法 標準的な接種方法をとることができない場合の
接種可能な間隔
サーバリックス
(2価)
1回目から1か月後に2回目、
1回目から6か月後に3回目
1回目の接種から1か月以上あけて2回目、
1回目の接種から5か月以上かつ2回目の接種から
2か月半以上あけて3回目
ガーダシル
(4価)
1回目から2か月後に2回目、
1回目から6か月後に3回目
1回目の接種から1か月以上あけて2回目、
2回目の接種から3か月以上あけて3回目

※シルガード9(9価)は、定期接種の対象ではありません。希望する場合は全額自己負担となります。

▲このページの先頭へ