トップ > 組織・電話番号 > 教育委員会-文化財課 > お知らせ > 「東山道駅路」動画を作成しました

「東山道駅路」動画を作成しました

 【東山道駅路】(太田市)

 東山道駅路(とうさんどうえきろ)は、奈良・平安時代に都と東国を結んでいた道です。
「東山道」とは北海道と同じく地域の名称で、「駅路」とは7世紀後半に国家によって整備された、都と地方を結ぶ全国的な道路網のことです。
太田市では発掘調査によって幅10mを超える道が3ルート確認され、周辺では関係する遺構や遺物が見つかっています。
 

 → 【太田市の遺跡・遺物】紹介動画ページへ

 

こだいのこうそくどうろ とうさんどうえきろ

▲このページの先頭へ