ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 2025年3月28日 太田市は20周年を迎えます > オープンハウスアリーナ太田で歌う3,000人の第九合唱団を募ります

本文

オープンハウスアリーナ太田で歌う3,000人の第九合唱団を募ります

4 質の高い教育をみんなに11 住み続けられるまちづくりを16 平和と公正をすべての人に
ページID:0034945 更新日:2024年5月15日更新 印刷ページ表示

​アリーナに歓喜の歌声を響かせよう

アリーナに歓喜の歌声を募集用バナー

【太田市20周年記念事業】 群馬交響楽団と20周年記念合唱団 第九コンサート開催決定 

 群馬県太田市は2025年3月28日に、1市3町(太田市、尾島町、新田町、藪塚本町)が合併して20年を迎えます。それを記念して、2025年3月9日に20周年記念式典と第九コンサートを開催することが決定しました。
 会場は2023年春にオープンし、B.LEAGUE所属の群馬クレインサンダーズのホームアリーナでもあるOPEN HOUSE ARENA OTA(オープンハウスアリーナ太田)です。約5,000人を収容できるアリーナで、群馬交響楽団とこのために結成する20周年記念合唱団で、ベートーヴェンの交響曲第9番全楽章のコンサートを行います。
 この度、20周年記念合唱団として第4楽章を合唱していただく方を市内外から募集します。目標とする団員は「3,000人!」。達成すれば、サントリー1万人の第九と国技館5,000人の第九コンサートに次ぐ規模となります。多くの皆さまに参加いただくことで、太田市の20周年を盛大に祝うのはもちろんのこと、芸術文化の振興や関係人口の拡大が期待できます。
 全てが初となるプロジェクトを成功させるため、皆さまの素晴らしい歌声をアリーナで響かせてください。

申し込みはこちらから<外部リンク>

※申し込みにあたっては、募集要項参加者の皆さまへを必ずご確認ください。

イベント概要

イベント名 太田市20周年記念事業
太田市20周年記念式典・群馬交響楽団と20周年記念合唱団 第九コンサート

期日 2025年3月9日(日曜日)
会場 OPEN HOUSE ARENA OTA(オープンハウスアリーナ太田)<外部リンク>
主催 太田市(太田市20周年記念事業実行委員会)

コンサート出演者

指揮    藤岡 幸夫
管弦楽   群馬交響楽団
ソリスト  近日発表
合唱団   20周年記念合唱団(一般公募)
合唱指導者 近日発表

20周年記念合唱団参加要項

募集人数 3,000人(ソプラノ・アルト・テノール・バス)

公演日 2025年3月9日(日曜日)、午後1時30分~(式典開始予定)
※午前中にリハーサルがあります。コンサートは式典終了後に開催します。

会場 OPEN HOUSE ARENA OTA(オープンハウスアリーナ太田)
   群馬県太田市飯塚町1059

出演条件 (1)本番は楽譜を持たず、暗唱で合唱できる
     (2)コンサート前日のリハーサル(コーラス合せ・オケ合わせ)に参加できる

参加費 無料(楽譜・会場までの交通費は自己負担)

申込期間 2024年5月15日(水曜日)〜10月31日(木曜日) 
※初めて第九を歌う方は初心者クラスの受講をお願いします。その場合は6月30日(日曜日)までに申し込みください。

申込方法 【個人の方】Webでの申し込み
     【団体の方】E-mailでの申し込み(応募用紙をデータで送りますので、メールに団体名と連絡先をお知らせください)
メールアドレス    20th_ota9(at)mx.city.ota.gunma.jp ※(at)を@に変換してください。

※申込み後1週間程度でご指定のメールアドレスに案内を送りますので、ご一読ください。

服装(本番)
 テノール・バス=黒系統のスーツ上下、黒の蝶ネクタイ、白のワイシャツ、黒靴
 ソプラノ・アルト=白のブラウス、黒系統のロングスカート又はパンツ、黒靴
 小・中・高校生=白のワイシャツ・ブラウス、黒系統のスカート又はパンツ、黒系統のソックス、黒靴      

練習 

【初心者クラス】
初めて第九を歌う方向けに一般練習会開始前に初心者クラスを開講します。
なるべく全12回の受講をお願いします。(欠席者向けに動画配信を予定しています)
期間  6月18日〜9月26日

日程はこちらから確認ください


【一般練習会】
合唱指導者による練習を週1回程度で開催しますので、可能な限り参加をお願いします。

当日までのスケジュール

日  程 

内    容 

6月18日(火曜日)~9月26日(木曜日)

週1回程度(全12回)

初心者クラス

10月~2025年2月(後日案内します)

一般練習会

2025年1月11日(土曜日)、午後を予定

会場:太田市民会館

歌い始め(指揮者による練習)

2月11日(火曜日・祝日)、午後を予定

会場:オープンハウスアリーナ太田

指揮者直接指導

3月8日(土曜日)、午後を予定

会場:オープンハウスアリーナ太田

前日リハーサル

3月9日(日曜日)、午前9時~午後5時
会場:オープンハウスアリーナ太田

ゲネプロ・本番

※午前中にゲネプロ(最終リハーサル)を実施します。
※当日は20周年記念式典を同時開催します。  
※コンサート終了後に合唱団の解団式を行います。

 

出演者紹介

指揮者 藤岡幸夫(Sachio Fujioka)

 

藤岡幸夫さん写真

 

 

プロフィール

 日本指揮者界の重鎮であった渡邉曉雄最後の愛弟子。英国王立ノーザン音大指揮科卒業。最も才能あるEU加盟国の若手指揮者に贈られる「サー・チャールズ・グローヴス記念奨学賞」を特例で受賞。1994年「プロムス」にBBCフィルを指揮してデビュー以降、多くの海外オーケストラに客演。首席指揮者を務める関西フィルとは 2024年が25年目のシーズン、2019年から東京シティ・フィル首席客演指揮者も務める。放送出演も多く、番組立ち上げに参画し指揮・司会として関西フィルと共に出演中のBSテレ東『エンター・ザ・ミュージック』(毎週土曜朝8時30分)は2023年10月で10年目に突入、放送500回に迫る人気番組。2002年渡邉曉雄音楽基金音楽賞受賞。

公式ファンサイト http://www.fujioka-sachio.com/<外部リンク>

藤岡さんからメッセージ

“第九” が初演されてからちょうど200年、今もなお人々は平和を願い歌い続けています。

ここ群馬・太田から世界へ!凄い企画です!「歓喜の歌」が響き届けられますように!

管弦楽 群馬交響楽団(Gunma Symphony Orchestra)

群馬交響楽団演奏写真

プロフィール

 1945年戦後の荒廃の中で文化を通した復興を目指して創立 、1955年「群響」をモデルに制作された映画「ここに泉あり」が公開され、全国的に注目を集めた。1947年から始めた移動音楽教室は、2023年度までに延べ650万人を超える児童・生徒が鑑賞した。また2019年9月開館の「高崎芸術劇場」に活動拠点を移し、2023年4月に就任した飯森範親常任指揮者のもと、さらなる演奏活動の飛躍・向上を目指し、2024年に定期演奏会第600回、2025年に創立80周年を迎える。

群馬交響楽団からメッセージ

 群響は創立以来“地域に根差した日本を代表するオーケストラ”として活動し、来年は80周年を迎えます。音楽の街・おおたが全国に知られるコンサートとして、ご一緒できるのを楽しみにしています。

ソリスト(近日、お知らせします)

ベートーヴェン交響曲第9番二短調作品125

 ベートーヴェンが作曲した交響曲第9番は日本では「第九」という名前で親しまれ、コンサートやテレビなどでもよく耳にする名曲です。皆さんがご存知のあの有名なフレーズは第4楽章の合唱の部分です。第九は今からちょうど200年前の1824年5月7日にウィーンで初めて公演されました。その時はすでにベートーヴェンの耳は聞こえていなかったそうです。第4楽章はドイツの詩人シラーが書いた「歓喜に寄せて」という詩を4人のソリストと合唱団がオーケストラの演奏に合わせて歌いますが、そこには身分や人種、国を超えた人類愛が謳われています。ベートーヴェンが人生で辿り着いた苦悩とその先の喜びが表現された第九は、200年経った今も世界中で愛され続けています。


第九コンサート
太田市20周年記念事業